ふれあいの森&泉の森の花たち

平成30年8月6日(月)晴れ
ふれあいの森&泉の森に咲いている草花を調査してきました。
今年の32回目です。

今日咲いている花は、ツユクサ、メヒシバ、コニシキソウ、シロツメクサ、アベリア、ブタナ、カタバミ、アカバナユウゲショウ、マメグンバイナズナ、ジニア、ポーチュラカ、マツバギク、ヒマワリ、オヒシバ、サンパチェンス、エノコログサ、ナガエミカンソウ、キク、ワルナスビ、タケニグサ、コヒルガオ、コミカンソウ、トレニア、ヤブカラシ、キンエノコロ、サルビアグアラニティカ、ヘラオオバコ、ヘクソカズラ、ヤマブキ、メリケンガヤツリ、シマスズメノヒエ、ヒメジョオン、ミソハギ、カヤツリグサ、ローズマリー、ガウラ、ソープワート、クマツヅラ、ヒルザキツキミソウ、ラベンダータイム、アルカネット、ジンジャー、メマツヨイグサ、フェンネル、オレガノ、アメリカタカサブロウ、チェリーセージ、ハッカ、コモンタイム、ベルガモット、マレイン、オヒシバ、コゴメバオトギリ、ヤブミョウガ、クローブピンク、カラミンサセペタ、ディル、タンジー、ポリジ、アメリカフウロ、ノコギリソウ、ダイヤーズカモミール、ヤナギハナガサ、ランタナ、スベリヒユ、トキワハゼ、ノゲシ、ベゴニア、サルビア、コンボルブルス、ノウゼンカズラ、キカラスウリ、イヌガラシ、ウリクサ、ペンタス、インパチェンス、コリウス、シュウカイドウ、ケイトウ、ムクゲ、オニドコロ、イヌタデ、フヨウ、ヨウシュヤマゴボウ、オオハンゲ、キツリフネ、ミズヒキ、バラ、モッコウバラ、オニタビラコ、ザクロソウ、ヨコハママンネングサ、サルスベリ、シダレエンジュ、アカツメクサ、ナガエミクリ、クサギ、ケキツネノボタン、オオイヌタデ、ジュズダマ、ヒメガマ、トウバナ、スズメノカタビラ、ダイコンソウ、モッコウバラ、キツネノマゴ、オシロイバナ、ゲンノショウコ、ガガイモ、イヌトウバナ、ノブドウ、ギシギシ、ヘビイチゴ、キツネノカミソリ、イヌゴマ、ペラペラヨメナ、シモツケ、イヌホオズキ、ヤブラン、オオニシキソウ、キバナコスモス、コマツヨイグサ、ヤブマオ、ソクズ、ユウガギク、セリ、ミゾカクシ、アレチギシギシ、ミドリハカタカラクサ、ワレモコウ、ハエドクソウ、ヌマトラノオ、コバギボウシ、サンカクイ、イノコズチ、タマアジサイ、ウマノミツバ、キンミズヒキ、アキノタムラソウ、ガンクビソウ、ミズタマソウ、チヂミザサ、ツルニガクサ、ウバユリ、ギンミズヒキ、フシグロセンノウ、タイアザミ、ツタバウンラン、トマト、タヌキモ、ムシトリナデシコ、アサガオ、ホオズキ、オミナエシ、ススキ、ヌスビトハギ、タカサゴユリ、ハハコグサ、コスモス、ナス、キュウリ、ハギ、ネムノキ、ハグロソウ、ミゾソバ、アップルミントの166種類でした。

今年始めて見る花はジンジャー、アメリカタカサブロウ、ウリクサ、タカサゴユリの4種類でした。

画像


ジンジャーはショウガ科で、西アジアに分布するが、古くから薬用などを目的に広い地域で栽培されています。茎は直立し、ササの葉を大きくしたような葉が2列に互生します。夏~秋、茎葉の間から花茎を出し、蝶に似た白花が甘香りと共に咲き溢れます。食用、飲用、香味料、薬用として利用されます。
昨年8月2週~11月4週に咲きました。

画像


アメリカタカサブロウはキク科で、熱帯アメリカ原産の1年草です。関東以西の水田や水路、路傍、畑地に広く帰化しています。夏~秋に花が咲き、頭花はタカサブロウよりも小さく、周辺の舌状花がたくさんあるので花弁が重なって、やや乱れた感じがあります。種子の断面は菱形で、黒褐色に熟しこぶ状の突起があります。
昨年7月2~3,5週、8月2週~10月3週に咲きました。

画像


ウリクサはアゼナ科で、北海道~九州の畑や空き地、道端などに生える1年草です。茎はよく分枝して地面に広がります。葉は対生し、長さ0.7~2㎝、幅0.6~1.3㎝の卵形又は広卵形で葉柄があり、粗い鋸歯があります。夏~秋、上部の葉腋から細い花柄を伸ばし、淡紫色の花を1つ付けます。花冠は唇形です。
昨年8月1週~10月3,5週~11月2週に咲きました。

画像


タカサゴユリはユリ科で、台湾原産の多年草です。観賞用として輸入栽培されたものが、近年、各地に広く野生化しました。道端、道路ののり面、石垣の隙間などに生えます。茎は高さ40~70㎝で、夏、1.5mほどの茎頂に白花を付けます。花は長さ15㎝程あり、外側はやや紫褐色を帯び、特に中央脈は濃い筋になります。
昨年8月1週~9月2週、10月2週に咲きました。

今日見た蝶はイチモンジセセリ、モンキチョウ、ベニシジミでした。

画像


イチモンジセセリはセセリチョウ科で、水田の周りで夏から秋にかけて多く見られます。アザミやキク科の花などでしばしば集団をなして吸蜜します。食草はイネやエノコログサです。

画像


モンキチョウはシロチョウ科で、シロツメクサなどが生えている草原や荒れ地を地面すれすれにジグザグ飛翔します。雌は白色型のほかに黄色形もいます。成虫は春から秋にかけて2~6回発生します。食草はシロツメクサ、スズメノエンドウなどです。

画像


ベニシジミはシジミチョウ科で、人家周辺の草地や河川敷など明るく開けた場所に多く、足元をすばしこく飛翔します。季節を問わず各種の花を訪れるが、黄色い花が特に好きです。食草はスイバ、ギシギシなどです。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック