ふれあいの森&泉の森の花たち(その2)

(その1)より続く

平成31年4月22日(月)晴れ
ふれあいの森&泉の森に咲いている草花を調査してきました。
今年の17回目です。

今日咲いている花は、カタバミ、キュウリグサ、ナズナ、ハコベ、ブタナ、アカバナユウゲショウ、コデマリ、オオイヌノフグリ、コメツブツメクサ、ハナズオウ、ムラサキツユクサ、タンポポ、スズメノカタビラ、チューリップ、パンジー、ナガミヒナゲシ、ムラサキカタバミ、アメリカフウロ、ハキダメギク、タチイヌノフグリ、ハルジオン、オニタビラコ、ノゲシ、ツツジ、コバンソウ、カラスノエンドウ、シバザクラ、オランダミミナグサ、ハナニラ、アネモネ、ハナミズキ、アセビ、ユキヤナギ、オオジシバリ、カラタチ、ヤマブキ、ヘビイチゴ、キランソウ、ヒメオドリコソウ、コオニタビラコ、アオキ、セキショウ、ヤブヘビイチゴ、タネツケバナ、アジュガ、クレソン、イモカタバミ、ケキツネノボタン、ノハカタカラクサ、ツリガネズイセン、タツナミソウ、ウシハコベ、ローズマリー、サクラソウ、アルカネット、ポリジ、クリーピングタイム、ワイルドストロベリー、ハハコグサ、イヌガラシ、ストロベリーキャンドル、コモンタイム、カモミール、ヤグルマギク、ツルバキア、イングリッシュラベンダー、フレンチラベンダー、ヒメリンゴ、ゲッケイジュ、ムシクサ、ホトケノザ、トキワハゼ、ツルニチニチソウ、ハナモモ、チェリーセージ、スイバ、ノヂシャ、ヘラオオバコ、ムラサキハナナ、セイヨウカラシナ、ナノハナ、ヒメリュウキンカ、ヤエムグラ、カキドオシ、オヤブジラミ、ムラサキケマン、ツバキ、ウラシマソウ、ツボスミレ、クワ、ツメクサ、スズメノテッポウ、シロツメクサ、マメグンバイナズナ、ペラペラヨメナ、サギゴケ、カラスビシャク、カロライナジャスミン、ノースポール、リキュウバイ、ミツバツツジ、ムスカリ、スイートアリッサム、クロバナロウバイ、ストック、ハボタン、レンギョウ、クリスマスローズ、ラッパズイセン、シロヤマブキ、ムベ、エビネ、イカリソウ、オオハンゲ、シャガ、ハナイバナ、セントウソウ、フジ、ボタン、ニリンソウ、ツルオドリコソウ、セリバヒエンソウ、ヤマブキソウ、ボケ、モッコウバラ、カジイチゴ、オニノゲシ、ブルーベリー、スズメノヤリ、スズメノエンドウ、シキミ、オオカワヂシャ、ヤエザクラ、ヤブニンジン、キショウブ、クサイチゴ、ヒメツルソバ、イヌカキネガラシ、オオデマリ、ミチタネツケバナ、イチリンソウ、ノミノツヅリ、ノボロギク、アメリカスミレサイシン、ケマルバスミレ、ショウブ、イロハモミジ、トウバナ、チガヤ、ミドリハカタカラクサ、シロバナハンショウズル、ミツバウツギ、ツタバウンラン、ツルカノコソウ、ノミノフスマ、トウダイグサ、オドリコソウ、イヌザクラ、ニシキギ、トウカエデ、ツリバナ、キリ、カラタネオガタマ、キエビネ、ニワゼキショウ、シラン、ドウダンツツジ、スノーフレーク、ジュウニヒトエ、ハナイカダ、ウワミズザクラ、ジロボウエンゴサク、ヒトリシズカ、ホウチャクソウ、ユキザサ、チゴユリ、ヤマシャクヤク、キジムシロ、キンラン、コンロンソウ、コクサギの179種類でした。

今年始めて見る花はアカバナユウゲショウ、ムラサキツユクサ、コバンソウ、アジュガ、ツリガネズイセン、タツナミソウ、イヌガラシ、コモンタイム、イングリッシュラベンダー、フレンチラベンダー、チェリーセージ、ヘラオオバコ、セイヨウカラシナ、スズメノテッポウ、カラスビシャク、オオハンゲ、ボタン、モッコウバラ、オオカワヂシャ、キショウブ、イヌカキネガラシ、オオデマリ、ショウブ、トウバナ、チガヤ、ミツバウツギ、ノミノフスマ、イヌザクラ、ニシキギ、ツリバナ、キリ、カラタネオガタマ、ニワゼキショウ、シラン、ジュウニヒトエ、ハナイカダ、ユキザサ、キンランの38種類でした。

画像


ミツバウツギはミツバウツギ科で、山地に生え、高さ3~5mになる落葉低木です。葉は3小葉からなり対生します。春、枝先の円錐花序に長さ8㎜程の白花を付けます。花弁は5個あり、完全には開きません。名は葉が3小葉で枝がウツギ(空木)のような空洞であることから付けられました。
昨年4月3週~5月1週に咲きました。

画像


ノミノフスマはナデシコ科で、畑や水田の縁、荒れ地などに生える2年草です。ふすまは夜具のことで、小型の葉をノミの夜具に例えています。全体に無毛で高さ5~30㎝になり、葉は長楕円形で長さ1~2㎝です。春から秋、5弁の白花を開きます。花弁は深く2裂します。
昨年3月4週~4月2週に咲きました。

画像


イヌザクラはバラ科で、高さ10~15mになる落葉高木です。樹皮は灰色です。葉身は長楕円形で長さ5~10㎝です。春、前年の枝から総状花序を出し、直径5~7㎜の白花を付けます。花序の軸にはウワミズザクラのように葉が付かず、花序だけが伸びます。
昨年4月3~4週に咲きました。

画像


ニシキギはニシキギ科で、高さ2~4mになる落葉低木です。秋の紅葉が美しいので庭園にもよく植えられます。枝にコルク質の翼が発達する特徴があります。葉は対生し、葉身は倒卵形です。春、淡緑色の小花を付けます。果実が熟して裂けると、赤い仮種皮と種子があります。
昨年4月2週~5月3週に咲きました。

画像


ツリバナはニシキギ科で、高さ3~5mの落葉低木です。葉身は長さ3~10㎝の倒卵形です。春、葉脈から花序を垂らし、小さな淡緑色の花を数個付けます。蒴果は直径9~12㎜の球形で、熟すと5裂して朱赤色の仮種皮に包まれた種子が現れます。
昨年4月3週~5月2週に咲きました。

画像


キリはノウゼンカツラ科で、高さ10mになる落葉高木です。葉は対生し、葉身は広卵形で長さ20~30㎝です。春、枝先の花序に大型で紫色の花を開きます。花冠は長さ5~6㎝の筒状鍾形で上部は5裂し、裂片は平開します。材は箪笥材として特に知られています。
昨年カウントしませんでした。

画像


カラタネオガタマはモクレン科で、江戸中期に観賞用として渡来しました。高さ3~5mの常緑低木です。葉身は長さ4~8㎝の楕円形です。春、直径3㎝の黄白色の花を開きます。花は平開しません。香りは強く、バナナに似た匂いがします。その匂いから植木店ではバナナツリーの名で出ています。
昨年4月4週~5月4週に咲きました。

画像


ニワゼキショウはアヤメ科で、北アメリカ原産の多年草です。明治中期に栽培植物として渡来しました。日当たりのよい野原、道端、芝生の中などに生えます。庭に生え、葉がセキショウに似るのでこの名があります。春、茎の上部にへら形の苞があり、その間から細い毛状の花柄を散形状に3~5個出し、紫色、または白紫色の花を付けます。
昨年4月4週~5月1,3週~7月3週、8月2週に咲きました。

画像


シランはラン科で、湿り気のある河岸や湿地、水の浸み出す岩場などに生える多年草です。栽培もされます。茎は高さ30~70㎝です。葉は固く革質で披針形、長さ20~30㎝です。多数の縦ひだがあり、茎の下部に5~6枚が互生します。春、大型の紅紫色の花を3~7個付けます。
昨年4月3週~5月5週、7月1週に咲きました。

画像


ジュウニヒトエはシソ科で、丘陵、原野の疎林などに生える多年草です。名は花が重なって咲く花を昔の女官の衣裳に見立てたものです。全体に白い縮れ毛があります。茎は直立して2~4対の葉を対生します。春、茎の先に穂状に長さ4~8㎝の花序を出し、唇形の白花、もしくは桃花を付けます。
昨年4月3週~5月1週に咲きました。

画像


ハナイカダはミズキ科で、高さ1~2mになる落葉低木です。株立ちとなります。葉は互生し、葉身は長さ6~12㎝の楕円形です。春、葉の表面主脈の上に淡緑色の小花を付けます。雌雄異株です。雄花は数個付き、雌花は1個のことが多いです。果実は球形で黒く熟します。
昨年4月2~4週に咲きました。

画像


ユキザサはユリ科で、山地の林内の少し湿ったところなどに生える多年草です。白い花を雪に葉をササに見立ててこの名があります。地下茎は横に長く伸び、多数の根を出します。茎は直立し、上部は斜めに曲がり、5~7枚の葉を互生します。春、茎頂に円錐花序を出し、小さな白花を多数つけます。
昨年4月1~3週に咲きました。

画像


キンランはラン科で、丘陵や山地のやや明るい林下に生える多年草です。花が白いギンランと対をなし、花が黄色なのでこの名があります。茎は直立し、10枚内外の葉を互生します。葉は長楕円状披針形で先は尖り、基部は茎を抱きます。春、茎頂に総状花序を出し、3~13個の花を付けます。
昨年4月3週~5月1週に咲きました。

今日見た蝶はツマグロヒョウモン(♀)です

画像


ツマグロヒョウモンはタテハチョウ科で、草原や人家の周辺などを日中ふわーっ、ふわーっと緩やかに飛翔します。花が好きで、花から花へふわりと飛び移ります。食草はスミレなどです。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック